A-wear official | 運動神経向上・姿勢改善ツール

Read Article

A-wearで肩こりを和らげるメカニズム

A-wearで肩こりを和らげるメカニズム

A-wearワークで肩こりに働きかけるメカニズム

A-wearワークで肩こりへアプローチする

まず、肩こりを定義つけすると、首と肩周りの筋肉が固まっている状態である。 筋肉が固まる、ということはそこに張力が働いているわけで、これがなくなれば肩こりでなくなる。 では、これは可能なのだろうか。 答えは、『一時的であれば可能』である。 (一時的、ということは逆にいえば定期的に一時的解消をし続ければ良いとも言える。)

なぜ、一時的にしか達成できないかというと、元々、首から肩にかけてついている筋肉は床から離れた腕を1日中ぶら下げて置くために備わったもので『ない』ためである。 この筋肉は、四足歩行の猿のような姿勢をしていた時期に身体に備わり、腕の重さに耐えるためでなく、肩甲骨のポジションを安定させる為に備わった機能である。 そのため、手のひらが床から離れた状態で、腕に重力がかかると、常にアイソメトリック収縮(筋肉を同じ長さに保って力を発揮している状態)をするために、凝り固まる。 つまり、人間は基本姿勢を間違えているために肩こりを起こしているということができる。 よって、

アイソメトリック収縮がおきること(肩こりになること)は前提としながら、重力負荷がかかった際に、『筋肉の収縮で耐えるのではなく、肩関節がロックする姿勢をとる(できるだけ筋肉を固めない)』が一つの回答となる。
つまり回答としては、腕の回転軸が肩甲骨上腕関節にある状態をとるということになるのだが、 構造上、腕に重力負荷がかかる場合に鎖骨上腕関節に腕の回転軸がずれやすい「人間」は、トレーニングやストレッチ、マッサージにより、この間違ったポジションを、耐えるに値するポジションへ矯正する必要がある。
では、なぜA-wearワークが定期的なメンテナンスとして有効なのであろうか?
それは、ワークの目的が悪い姿勢になることを防ぐことにあり、二足立位の状態で正しい姿勢とされる関節軸を肩甲骨上腕関節にするためのプログラムだからである。 頭でこの内容を理解しても、鎖骨上腕関節に軸がある場合、頚椎に圧迫がかかり脳からの指示でポジションが矯正させることは難しい。 無意識的に正しい姿勢が保てるようになるワークアウトの実施が求められる。
良い姿勢を知っていても、なにかに集中するとその姿勢は崩れる。 A-wearを 装着し、尺骨神経に物理的刺激を与えることで、悪い姿勢なることを防ぐことがその一助となるであろう。

 

 

Return Top