A-wear official | 運動神経向上・姿勢改善ツール

Read Article

A-wearと小顔矯正

A-wearと小顔矯正

顔のサイズ感は、ボディライン以上に、むくみ(水分量)に左右される。

たとえば、ウエストであれば、一ミリ厚みでダウンさせたとしてもあまり効果の実感はないが、

まぶた、や顎ラインにおいては、この一ミリが決定的な印象の違いを生む。

また、筋トレによる部分痩せを考える際に、唯一効果があるのは、使った筋肉の周りの脂肪は燃えやすい、という特徴を活かすことが挙げられるが、

顔においては、顔トレなるものも世に出回ってはいるのものの、狙った「顔についている筋肉」をオールアウトさせることは困難と言えるだろう。

となると、水分量の調整を考えた際に、リンパケアによるむくみ解消がその最も効果的な手段のひとつと言えるだろう。

特に顔を含め、デコルテラインを綺麗に整えるためには、鎖骨リンパ節の詰まりを解消しむくみを除去することが必要となる。

しかし重力によって、肩甲骨が上方回旋し、上腕骨に内旋を伴う歪みが生じると、

この鎖骨リンパ節につまりが生まれ、顔がむくんでしまう。

A-wearワークの実施により、肩甲骨のポジションを整え、上腕骨の内旋を解消、さらに胸椎上部の屈曲が改善することで、

鎖骨リンパ節のつまりを解消することが可能となる。

また、この達成をしたのちに、これらの歪み連鎖からポジションがずれてしまっている、後頭骨の矯正、及び口腔内から、

上顎の矯正をいれるのことで、頬骨の位置での顔幅を狭くする矯正や、顎関節位置での顔幅を狭くする、

また、これら幅を狭く寄せることで、中心に位置する鼻骨を引き出し鼻を高くする、

おでこの骨をズラして、まゆの位置の調整、および目を大きくする、といった調整も可能である。

10365982_549644771813333_5326842331393607143_n10592953_692727930808795_3627297915549233932_n2

 

Return Top